よしや
旬レシピ

TOP旬レシピ竹の子と牛肉のグリル

竹の子と牛肉のグリル

竹の子の美味しい季節に、ぜひ一度どうぞ!
木の芽が竹の子と牛肉の味を引き立てます。

材料

竹の子と牛肉のグリル
茹で竹の子
牛ももステーキ用
醤油
みりん
木の芽
お好みで柚子胡椒

調理手順

1 茹で竹の子の穂先の部分を6〜8等分に縦に切ります。
根元の方は縦2〜4等分に切ったものを7mm位に切ります。
2 牛肉は竹の子位の大きさになる様に斜めに1cm位の厚さでそぎ切りにします。
3 醤油とみりんを1:1の割合で混ぜ、漬け汁を作ります。
漬け汁に竹の子と牛肉を入れ、途中で味がなじむようにひっくり返しながら10分程漬けます。
4 魚焼き用のグリルやオーブントースターで牛肉と竹の子を焼きます。
 ※オーブントースターの場合は天板にアルミホイルを敷き、
  油を薄く塗ってから竹の子と牛肉を並べます。
 ※焼いている途中で、漬け汁をハケやスプーンなどで塗って下さい。
5 美味しそうな焼き色がついたら出来上がり!!
器に盛り、木の芽をのせます。
お好みで柚子胡椒を添えてどうぞ。
 ※ご自分で竹の子を茹でた場合は、竹の子の皮を取っておくと器に敷いて使えます。
☆☆☆生のタケノコを茹でるには・・・。☆☆☆
  皮付きのまま、穂先の斜めに少し切り落とし、皮の所だけに縦に切れ目を入れます。
鍋に米のとぎ汁・トウガラシ1本・竹の子を入れ、火にかけます。
一番太い所に竹串が刺さったら、茹で上がりです。火を止め落としフタをしてそのまま冷まします。
 ※竹の子の大きさにより茹で時間は異なります。1時間〜1時間半が目安です。
  すぐに使わない場合はそのまま汁ごと冷蔵庫で保存します。毎日水を換えれば2〜3日もちます。
  茹でて冷めた段階で、使わない部分を小さく切って小分けにし、冷凍保存することがおすすめです。
  7mm角に切り冷凍すれば、竹の子ご飯等に利用できます。
  自然解凍してお使い下さい。
 

日本酒や果実味豊かなミディアムボディの赤ワインがおすすめです。
山形県 上喜元 純米 出羽の里
720ml
アルゼンチン サンタ・ジュリア バラエタル カベルネ・ソーヴィニヨン
750ml

※店舗によってはお取り扱いのない場合がございます。


COPYRIGHT(c) 株式会社よしや, ALL RIGHT RESERVED.